鳩山内閣が支持しない円安、ゴールドマン8%下落予想-実勢反映なら

【記者:Nielsen and Matthew Brown】

9月21日(ブルームバーグ):鳩山新内閣発足に伴い就任した藤井 裕久財務相は、円安を支持しない考えを表明している。これに対して、 欧米の金融大手は相場がまさに円安になると見込んでいる。

民主党が総選挙で勝利する可能性が高いとの見方が広がる中、円 は主要16通貨に対して8月初め以降、1つの通貨を例外としてほぼ上 昇している。しかし、ブルームバーグが40人を対象に実施した調査の 予想中央値によれば、日本経済は円高を支えるには脆弱(ぜいじゃく) 過ぎるとみられ、円は年末までに対ドルで5.7%、対ユーロで1.1%下 落すると予想されている。

調査によれば、日本銀行は2010年を通じて政策金利の誘導目標を 年0.1%に据え置き、日本は主要10カ国(G10)で同年利上げを実施 しない唯一の国となる見通し。調査の予想中央値では、日本の経済成 長率は今年マイナス6%に落ち込んだ後、来年は0.8%のプラス成長 を回復するとみられている。

米金融大手ゴールドマン・サックス・グループのグローバル経済 調査責任者、ジム・オニール氏は「皆が円買いに動いているようだが、 ばかげていると思う。円のファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件) の実勢は、わたしの考えでは著しく悪化している」と話す。

ゴールドマンは、円が対ドルで9月21日時点の1ドル=91円46 銭から98円ちょうどに、対ユーロでも1ユーロ=134円52銭から142 円ちょうどにそれぞれ下落すると予測。米銀最大手バンク・オブ・ア メリカ(BOA)と欧州銀行最大手HSBCホールディングスは、円 相場に先行きについて一段と弱気な見方を取っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE