藤井財務相:補正見直しで浮いた予算で追加経済対策も―NHK

【記者:萩原ゆき】

9月20日(ブルームバーグ):藤井裕久財務相は、20日のNHK 番組「日曜討論」に出演し、年内に新たに経済対策が必要になった 場合の財源について、「補正予算を浮かした部分を使うことはあり得 る」と述べ、経済情勢を慎重に見極めた上で、今回の補正見直しで浮 かせた部分を充てる可能性を示した。

また、菅直人国家戦略担当相は同番組で、来年度予算の編成方 針について、「英国などは3年ぐらいのメドをたてて、その中で 最終的には単年度に落としていくという複数年度の予算をやって いる」と指摘。その上で、日本でも前年に使い残した部分を「翌 年にも回すことができるとか、そういうことをまず考えていきた い」と述べた。

一方、同席した亀井静香金融・郵政改革担当相は、郵政事業の 見直しについて、「株の凍結法案を臨時国会の早い時期に出して、そ の後、出来れば基本法案も出したい」と述べ、株式売却凍結法案、郵 政改革基本法案ともに、秋の臨時国会に提出する意向を明らかにし た。

--取材協力: Editor:Hitoshi Sugimoto

参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 萩原ゆき Yuki Hagiwara +81-3-3201-8864 yhagiwara1@bloomberg.net 東京 大久保 義人  Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE