第一三共:細菌性髄膜炎ワクチンの輸入販売を拡大-日経

20日付の日本経済新聞朝刊は、 医薬品大手の第一三共が、細菌性髄膜炎ワクチン「ヒブワクチン」の 輸入販売を拡大すると報じた。フランスのワクチン大手、サノフィパス ツールと提携しており、現在の輸入量年間100万本を、2010年7月 から年300万本に、11年7月からは年400万本に増やすとしてい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE