NY外為(18日):ドル上昇、リスク資産取引縮小

ニューヨーク外国為替市場では ドルが対ユーロで上昇。世界金融システムに対する懸念を背景に投 資家は高利回り資産を減らし、ドルに買いを入れたのが背景。

英ポンドはユーロに対して4カ月ぶり安値に下落、対ドルでも 売られた。ロイズ・バンキング・グループの資本力不足が懸念され た。円は藤井裕久財務相の発言を嫌気して下落した。藤井財務相は 為替相場の動向について「円レートの額は政府が言うべきではない。 経済の実勢に合わせて決まるのが自然の姿だ」との認識を示した。

ナショナル・バンク・オブ・カナダの外国為替担当マネジング ディレクター、ジャック・スピッツ氏(トロント在勤)は「この日 はロイズの問題がドル上昇を支えた。ドルに対するショートポジシ ョンはこれまでにかなり膨らんでいる。週末を前にショートの持ち高調 整が入っている」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時13分現在、ドルはユーロに対して

0.3%上昇して、1ユーロ=1.47ドル。前日は1.4741ドルだった。 週間では0.9%安。ドルは円に対して0.4%高の1ドル=91円44銭 (前日は91円8銭)。円は対ユーロでほぼ変わらずの1ユーロ= 134円39銭。前日は134円28銭だった。

ドルの上昇

ブルームバーグのまとめたデータによると、この日のドルは主 要16通貨の大部分に対して上昇した。ノルウェー・クローネに対し ては0.6%高、南アフリカ・ランドに対しては0.4%値上がりした。

ドルがユーロに対して値上がりしたのは今週に入ってこの日が 初めて。前日は期間14日のユーロ・ドル相場の相対力指数(RS I)が74と、3月以来の高水準を記録した。同指数は70を超えると、 相場反落の兆しととらえられる。

ドルは8月末からユーロに対してほぼ3%値下がりした。前日 には1年ぶり安値となる1ユーロ=1.4767ドルを記録した。

英国銀行協会(BBA)によると、3カ月物ドル建てLIBO R(ロンドン銀行間取引金利)は過去最低の0.289%をつけた。円や スイス・フラン建てを下回り、ドル建ての資金調達コストが最も安くな っている。

ポンド安

英ポンドは対ユーロで最大1%安、1ユーロ=90.57ペンスと4 月24日以来の安値に売り込まれた。英住宅金融最大手のロイズ・バン キング・グループがリスク資産を保証する政府プログラムからの脱退を 検討していると明らかにしたことが材料となった。英紙フィナンシャ ル・タイムズはこれより先、ロイズの資本力は脱退するには余りにも弱 すぎると報じていた。対ドルでのポンドは1.1%安。

今週の円は主要通貨の大半に対して下落。対スウェーデン・ク ローナでは2.5%安、対ドルでは0.6%値下がりした。日本企業に よる海外利益の本国送還が9月末の上半期終了とともに一巡す るとの見方が広がった。

ニュージーランド・ドル、オーストラリア・ドルはいずれも週 間ベースでドルに対して上昇した。

原題:Dollar Rises From One-Year Low as Bank Concern

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE