NY原油(18日):続落、ドル高を嫌気-終値72.04ドル

ニューヨーク原油相場は続落。ド ルが対ユーロで上昇し、インフレヘッジとしての需要が後退した。

ドルが5日ぶりに上昇し、原油は一時1.7%下げた。米エネルギ ー省によると、原油やガソリン、留出油の在庫は過去の平均を上回っ ている。

MFグローバル(ニューヨーク)のエネルギー担当上席バイスプ レジデント、ジョン・キルダフ氏は「最近のエネルギー相場の上昇は やや行き過ぎたようだ。相場を下支えるような経済指標の発表はない。 この日はドルがやや堅調になり、エネルギー相場を圧迫した」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前 日比43セント(0.59%)安の1バレル=72.04ドルで終了した。年 初からは61%高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE