バークレイズ:米GDP予想を上方修正、利上げは10年下半期に

バークレイズ・キャピタルのチー フ米国エコノミスト、ディーン・マキ氏は17日付のリポートで、米 国の景気回復が今後数四半期に加速し、米連邦公開市場委員会(FO MC)は2010年下半期に利上げを実施し始めるとの見通しを示した。

同氏の実質国内総生産(GDP)伸び率予想は、第3四半期(7 -9月)が年率3.5%、第4四半期が4%、2010年第1四半期は5% となっている。従来予想では来年第1四半期が3%成長だった。

マキ氏は「回復をけん引する製造業と住宅セクターのデータは引 き続き強い。当社の新たな見通しは深いリセッション(景気後退)か らの従来と同じような回復を想定しており、『今回は違う』との見方 には賛同しない」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE