北朝鮮の金総書記:核協議復帰を示唆、中国特使と会談-新華社

中国国営の新華社通信は18日、北 朝鮮の金正日総書記が同国の核問題に関する協議を再開する準備があ ると語ったと報じた。中国の胡錦濤国家主席は親書を通じ、北朝鮮に 核兵器放棄を呼び掛けた。

新華社は、胡主席の特使として北朝鮮を訪問した戴秉国国務委員 の話を引用し、北朝鮮は同国の核計画をめぐる協議の行き詰まりを打 開するため、2国間および多国間協議への復帰に前向きだと伝えた。 戴特使は胡主席の親書を金総書記に手渡したという。

東国大学(ソウル)のコ・ユファン教授(北朝鮮研究)は「金総 書記の協議復帰への発言は、北朝鮮と米国が直接対話するまでに長い 時間はかからないことを示している」と語った。

新華社によれば、胡主席は親書で「中国は朝鮮半島の非核化を一 貫して目指している」と訴えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE