財務相:経済の実勢に合わせて決まるのが自然-為替相場

藤井裕久財務相は18日夕、ブルー ムバーグ・ニュースなどのインタビューに応じ、為替政策について「円 高是認と書かれるのはつらい。あえて客観的に言う」と前置きした上 で、「円レートの額は政府が言うべきではない。経済の実勢に合わせて 決まるのが自然の姿だ」との認識を示した。その上で「人為的な通貨 安競争をすることは世界経済システムにとって良くない」と語った。

年末に期限を迎えるコマーシャルペーパー(CP)・社債の買い取 りや企業金融支援特別オペなどの日銀の企業金融支援策の延長につい ては「日銀の独立性について強く考えている。政府の一員である私が コメントすることは控える」と述べるにとどめた。さらに、藤井財務 相は「新日銀法には日銀を中心に金融政策の運営をよく考えるように 書いている。政府が命令しろとは書いてない」と重ねて強調した。

また、民主党のマニフェスト(政権公約)に盛り込まれた子ども 手当や公立高校の無料化などの新政策を必ず実現するとあらためて強 調。子ども手当については「使途を制限する」考えを明らかにした。 一 方で、国民から反対の声が強い「高速道路の無料化」についても「断 固やる。絶対に譲ってはならない」との姿勢を明確にした。

党税制調査会を廃止する代わりに設置する政府税制調査会の在り 方については、自らが会長を務め、副会長には峰崎直樹財務副大臣を 充てる考えを明らかにした。メンバーは各省の政務官で構成し、長期 的視点から税制について議論する「有識者会議」も付設する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE