GS:三洋優先株、パナへの売却は保有の54%-1267億円で

米ゴールドマン・サックス・グル ープ(GS)は18日、現在保有している三洋電機の優先株の54%を、 パナソニックによる株式公開買い付け(TOB)に応じ売却する契約 を結んだと発表した。昨年12月の売却合意に沿って株数を決めた形で、 TOB価格が131円のため、売却額は1267億円となる見通し。

GSと並んで三洋電の再建スポンサーである三井住友銀行、大和 証券SMBCは、すでに売却する株数を決めていた。06年3月に出資 した際、3社は1株700円で優先株を引き受け、優先株は10株の普通 株に転換可能なため、GSの売却益は590億円となる。GSは今回、 出資時の条件に沿って、残り46%の優先株を普通株に転換した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE