ドルは長期的に対ユーロで上昇へ、リスク回避志向の復活で-UBS

UBSは18日付のリポートで、 リスク回避志向の高まりに伴い、ドルがユーロに対して上昇する可能 性があると指摘した。

UBSの為替担当主任ストラテジスト、マンスール・モヒウディ ン氏(チューリヒ在勤)は同リポートで、「投資家のリスク志向が続 く間は、ドルは軟調にとどまる」と予想。「このためユーロは当面1 ユーロ=1.45-1.50ドルの取引レンジを維持する見通しだ。ただ、 金融市場でひとたびリスク回避志向が復活すれば、ドルは今年の下落 の一部を取り戻し、対ユーロで1.35-1.40ドルのレンジを回復す るだろう」との見方を示した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net    Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Daniel Tilles in London at +44-20-7673-2649 or dtilles@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Justin Carrigan at +44-20-7673-2502 or jcarrigan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE