来週のNY原油:38%が下落予想、燃料在庫が増加-市場調査

来週のニューヨーク原油先物相 場は下落が予想される。米燃料在庫が増加し、製油所も定期点検への 態勢を整えるため。

ブルームバーグ・ニュースがアナリストを対象に実施した調査で は、回答者42人中16人(38%)が、来週の原油先物相場が下落す ると予想。14人(33%)が上昇を予想し、ほぼ変わらずと回答した のは12人だった。先週の調査では45%が下落を見込んでいた。

原油先物相場は17日、一時73.16ドルを付けた。8月31日以 来の高値。ドルが対ユーロで下落し、インフレヘッジとしての商品相 場の魅力が高まった。ガソリンやヒーティングオイル(暖房油)とデ ィーゼル油を含む留出油の在庫は潤沢で、相場を圧迫しそうだ。

ストラテジック・エナジー・アンド・エコノミック・リサーチ (マサチューセッツ州ウィンチェスター)のマイケル・リンチ社長は 「今週の上昇は、ドル安などの金融市場の材料に基づくもので、需給 があまりよくないので来週はそうならないだろう」と語った。

米エネルギー省によると、先週の留出油在庫は224万バレル増 の1億6780万バレル。1983年1月以来の高水準で、5年間平均を 24%上回った。ガソリン在庫は54万7000バレル増の2億770万バ レルとなり、5年間平均を4%上回った。

製油所の定期点検入りで、原油需要も減少する。製油所はガソリ ン需要が低下しヒーティングオイル需要が増え始める前の9月と10 月に定期点検を実施する。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場10月限 は、今週これまでに3.18ドル(4.6%)上昇し、17日の終値は1バ レル当たり72.47ドル。年初来の上昇率は62%。昨年7月11日に 付けた過去最高値147.27ドルからは51%の下落。

2004年4月の調査開始以後、原油相場がアナリストの予想通り の値動きを示した割合は、47%となっている。

ブルームバーグは石油アナリストとトレーダーを対象に毎週木曜 日に翌週の原油価格について、上昇、下落、ほぼ変わらずの見通しを 問う調査を実施している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE