NY原油時間外:下落、1バレル=72ドル近辺-利益確定の売りで

ニューヨーク原油先物相場は18 日の時間外取引で下落。今週の取引で需要増への期待感で一時、バレ ル当たり73ドルを上回ったことで利益確定の売りが出た。

原油相場は今週、米国の住宅着工が増え、設備稼働率が上昇した ことを受けて上昇。今月1日以降は67-73ドルのレンジで推移してい る。

ニューエッジ・ジャパン商品デリバティブ営業部の長谷川健課長 は、今月に入ってからの上昇が大きかったので、いくらか売りが出る ことは予想の範囲内とし、レンジの範囲が狭まっており、これが今後 1-2週間は続くとの見通しを示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は一時、 51セント(0.7%)安の1ドル=71.96ドルを付けた。シンガポール時 間午前11時8分(日本時間午後零時8分)現在、72.05ドルで推移し ている。原油相場は今週に入って3.9%上昇した。年初来の上昇率は 62%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE