米シティCEO:エネルギー取引部門フィブロを再編・合理化へ

米銀大手シティグループのビクラ ム・パンディット最高経営責任者(CEO)は、エネルギー取引子会 社フィブロの事業再編を行う方針を表明した。フィブロを率いるアン ドルー・ホール氏に対して、シティが1億ドル(約91億円)の報酬支 払いを迫られている状況が背景にある。

パンディットCEOは17日、「フィブロは再編・合理化されるこ とになろう」と述べた。ホール氏への1億ドルの報酬は高過ぎるかと の質問に対しては、「その通りだ」と答えた。

ホール氏の報酬はフィブロの業績に基づいて年末に決定される。 昨年450億ドル規模の公的救済を受けたシティの報酬慣行を調査する 米議会・当局の間で、ホール氏の報酬をめぐる懸念が生じる恐れがあ る。米紙ニューヨーク・タイムズによれば、シティは契約上、ホール 氏に1億ドルの報酬を支払う義務があるとみられ、同氏は契約履行を 主張しているという。

公的支援を受けたシティなど7社は、オバマ政権で経営幹部報酬 に関する「特別責任者」を務めるケネス・ファインバーグ氏に対して、 8月に報酬計画を提出することが義務付けられていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE