豊田通商:豪クイーンズランド州のLNG150万トン購入で合意

トヨタグループの商社、豊田通 商は、オーストラリアのアロウ・エナジーが豪クイーンズランド州で 生産する液化天然ガス(LNG)年間150万トンを購入する合意書 に調印した。

18日にアロウ・エナジーとリクイファイド・ナチュラル・ガス (LNG)社がオーストラリア証券取引所に提出した文書によると、 豊田通商は同州のグラッドストーンLNGフィッシャーマンズ・ラン ディング・プロジェクトから12年間にわたってLNG供給を受ける ことでノルウェーのエネルギー大手ゴラールLNGエナジーと合意し た。金額は明らかにされていない。

フィッシャーマンズ・ランディング・プロジェクトは、炭層から 抽出されたガスをLNGに転換する5件の合弁事業の中で、初めて生 産にこぎ着けアジアに輸出することを目指している。同プロジェクト の事業費は5億ドル(約460億円)。ゴラールとLNG社がそれぞ れ同プロジェクトの40%を保有することで合意しており、アロウが 残りを取得するオプションを有している。

アロウの広報担当者アンドルー・バーバー氏によると、最終的 な投資決定は2010年第1四半期になる見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE