アジア株:下落、アイフルが債務返済の期限延期を要請

18日午前のアジア株式相場は下 落。MSCIアジア太平洋指数は1年ぶりの高値から値下がりしてい る。消費者金融のアイフルが債務返済の期限延期を要請したことや、 金属相場の下落が手掛かりとなった。

アイフルはストップ安売り気配。同業のプロミスも大幅に値下が りしている。世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトン は17日のニューヨーク市場で銅や金相場が下落したのを受けて1.4% 下げている。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前10時36分現在、前 日比0.8%安の117.89。2008年9月8日以来の終値ベースの高値か ら下落している。日経平均株価の午前終値は前日比128円39銭 (1.2%)安の1万315円41銭。

-- 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Ryoji Uchida 記事に関する記者への問い合わせ先: Patrick Rial in Tokyo at +81-3-3201-3773 or prial@bloomberg.net. Toshiro Hasegawa in Tokyo at +81-3-3201-8361 or thasegawa6@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE