リソー教育株が続伸、夏期講習好調で業績上方修正や増配の報道受ける

個別指導塾大手のリソー教育株が 一時、前日比4%高の5200円と続伸。夏期講習の好調などを背景に年 間配当を大幅に引き上げる、との一部報道が好感された。

18日付の日本経済新聞朝刊は、同社が2010年2月期の年間配当 を前期比55円増の140円とする公算が大きい、と報じた。従来予想は 120円。また、上期(3-8月期)の業績予想も上方修正する可能性が 高いとし、売上高80億円強、経常利益が8億円弱になると伝えた。会 社側の現時点での予想は、売上高で前年同期比6.6%増の82億円、経 常利益で6億9900万円。

コスモ証券投資調査部の川崎朝映アナリストは、「有名校合格実績 を持つ進学塾に対する需要は非常に高い。学習塾業界全体は縮小均衡に あるが、リソー教育の好調は続くとみられ、株価も上昇する」と見る。

同証によるリソー教育の連結1株利益(EPS)予想は、今期258 円、来期308円。この日の高値時点で株価収益率(PER)を算出す ると、今期20倍、来期17倍となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE