アイフル株がストップ安売り気配、再生ADR申請-大手3社も大幅安

アイフル株がストップ安(値幅制限 いっぱいの下げ)売り気配。18日朝、金融機関に対して債権残高の維持 と返済期限の延期を求める「事業再生ADR手続き」を要請し仮受理さ れた。市場では経営環境は依然厳しいとの見方から売りが優勢となって いる。その他の消費者金融の株価も大幅に下落している。

アイフル株は前日比50円(27%)安の134円。同じ消費者金融大手 の武富士、プロミス、アコムも大幅安で、アイフルの主要取引銀行であ る住友信託銀行や、あおぞら銀行も安い。事業再生ADRは私的整理の 一種。アイフルの発表によると、今回は債務免除や債務の株式化(デッ ト・エクイティ・スワップ)は要請しない。

格付投資情報センター(R&I)は同日、アイフルと子会社ライフ の格付けを「BBB」から「CCC」に9段階引き下げ、下げ方向での 見直し継続を発表。再生手続きの成否を確認した上で新たな格付けを付 与するという。野村証券の大塚亘アナリストは、「半年や1年でアイフ ルの経営環境が大きく改善するとは考えにくい」とみている。

--取材協力: 河元 信吾 Editor:Kazu Hirano Takashi Ueno

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 伊藤 小巻 Komaki Ito +81-3-3201-8871 kito@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net Andreea Papuc +852-2977-6641 apapuc1@bloomberg.net

企業ニュース:JBN18,NI KIGYO,NI COS アイフル 8515 JP <Equity>CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE