ジーンズ株3カ月半ぶり安値、上場来初の通期営業赤字へ-配当は維持

カジュアルウエア専門店のジーン ズメイト株が一時1.9%安の515円と5日続落、約3カ月半ぶりの安 値を付けた。個人消費の落ち込みや企業間の競争激化で既存店売上高が 不振、このため2010年2月期の単体業績予想を前日に下方修正した。 営業損益は1995年の上場以来、初の赤字に転落する見通しで、収益環 境の厳しさを嫌気した売りが出ている。

ジーンズが17日の取引時間終了後に開示した新しい業績計画によ ると、通期の営業損益は従来予想の2000万円の黒字から3億9000万 円の赤字に陥る見通しになった。前期実績は4200万円の黒字。

既存店売上高は上期(3-8月)が前年同期比7.3%減。直近の8 月はショートパンツやポロシャツなど盛夏商品全般の平均単価が下落し たことで、前年同月比13.8%減と大幅な落ち込みを記録した。会社側 では、下期(9月―10年2月)も厳しい状況が続くと見ており、業績 の回復は難しいと判断した。

一方、配当予想については、業績予想が下回る見込みとなったもの の、従来計画を据え置く方針。第2四半期、期末で1株当たり各5円、 年間で10円の配当を行う予定だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE