カナダ・ドル:11カ月ぶり高値-景気への楽観論で高利回り資産に買い

17日の外国為替市場で、カナダ・ ドルは米ドルに対して昨年10月以来の高値を付けた。世界的なリセッ ション(景気後退)が終わったとの観測で、高利回り資産への投資意 欲が高まった。

BNPパリバのテクニカルアナリスト、アンドルー・シャベリア 氏(ニューヨーク在勤)は、「市場にリスクを取る意欲が戻ってきた」 と指摘する。

カナダ・ドルはトロント時間午後4時31分(日本時間18日午前 5時31分)現在、1米ドル=1.0652カナダ・ドル(1カナダ・ドル =0.9388カナダ・ドル)で取引されている。一時は1.0592カナダ・ ドルと、昨年10月1日以来の高値に上昇した。16日は1.0659カナダ・ ドルだった。

カナダ国債市場では、10年物国債(表面利率3.75%、2019年6 月償還)の利回りが、前日比2ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)低下し、3.36%。価格は同18セント高の103.21カナダ・ド ルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE