TALF対象の新規CMBS、いまだ販売ゼロ-市場活性化に暗雲

米連邦準備制度理事会(FRB) は商業用不動産市場の活性化を目指し、ターム物資産担保証券ローン 制度(TALF)の担保対象として6月から新規発行された商業用不 動産ローン担保証券(CMBS)も受け入れ始めたが、同プログラム を利用した新規CMBSの販売はいまだに皆無だ。

同プログラムの9月の融資申請の期限にあたる17日現在、新規 のCMBS発行はゼロ。銀行の貸し渋りに加え、不動産価格が2007 年10月のピークから36%下落するなか、借り換えができないことで 差し押さえ物件が増加するのを食い止めるため、FRBは担保対象を 新規発行のCMBSにも拡大していた。

不動産会社が無担保債務や株による資金調達に向かうなか、TA LFに基づく発行体候補の数は減少している。バークレイズ・キャピ タルのアナリスト、アーロン・ブライソン氏によると、最初の新規C MBS販売までに時間がかかれば、その分TALFが7000億ドル規 模のCMBS市場の活性化に貢献できる可能性は低くなり、デフォル ト(債務不履行)増加やローン期間延長につながる。

ブライソン氏は、「新規CMBSの発行に時間がかかっているの は、CMBS市場をめぐる長期的な懸念を反映している可能性が高 い」と指摘。「当社は引き続き同市場の回復は鈍いとみている」と述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE