米バンク・オブ・アメリカ、中国事業の現地法人化を検討-財経誌

中国誌、財経(オンライン版)は 17日、米銀バンク・オブ・アメリカ(BOA)が中国事業の現地法人化 を計画していると報じた。ケネス・ルイス最高経営責任者(CEO)の 話を基に伝えた。

財経によると、BOAは上海と北京、広州で支店網を展開している が、どの支店が法人化の対象となるか詳細には触れていない。

同CEOはこの中で、中国建設銀行の株式保有率をさらに引き下げ る計画は現時点ではなく、同行とは「極めて活発な協力関係にある」と 語った。

ケネスCEOはさらに、建設銀の郭樹清会長とクレジットカードと リースの合弁事業設立について協議する意向だと述べたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE