グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は続伸。商品相場の上昇を受けて資源株が上げを 主導した。医薬品卸売りで中国最大手の国薬控股(1099 HK)の新 規株式公開(IPO)で需要が堅調だったことも地合いを良くした。

中国の石炭最大手、中国神華能源(1088 HK)は2.3%高。傘 下のHSBC銀行を通して初の円建て外債(サムライ債)を起債した 英銀HSBCホールディングス(5 HK)も4.1%上げた。香港で過 去最高となる3億香港ドル(約35億円)のペントハウス2戸を売り 出した不動産のサンフンカイ・プロパティーズ(16 HK)は3.3%上 昇。

ハンセン指数は前日比365.59ポイント(1.7%)高の

21768.51と、8月11日以来の高値で終了した。ハンセン中国企業 株(H株)は1.1%上昇し12668.25。

国薬控股はIPOで、計画の上限となる87億3000万香港ドル を調達した。募集の600倍近い申し込みがあった。建設やエンジニ アリングを手掛ける中国中冶(1618 HK)も182億香港ドルを調達。 両銘柄とも来週から取引が開始される。

神華能源は36.10香港ドル。HSBCは90.95香港ドル。サン フンカイは116.70香港ドル。

【中国株式市況】

中国株式市場では、上海総合指数が1カ月ぶりの高値に上昇し た。世界経済が成長軌道に戻ったとの観測を受けて商品相場が値上が りしたのを受けて、資源関連株が上昇をけん引した。

国内石油最大手のペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は

1.9%高。国内産銅3位の雲南銅業(000878 CH)は1.2%値上が りした。石炭最大手の中国神華能源(601088 CH)は生産と販売の 増加を手掛かりに3.4%上昇した。

チャイナ・インターナショナル・ファンド・マネジメントで運用 に携わる趙梓峰氏(上海在勤)は「世界景気の回復に伴い中国製品に 対する海外の需要が拡大することで、同国の経済成長は力強さを増す だろう」と指摘。「国内外の信頼感は改善しつつあり、株価上昇は月 末まで続く可能性がある」と予想した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は前日比60.55ポイント(2%)高の

3060.26と、終値としては先月13日以来の高値で終了。上海、深 セン両証取のA株に連動しているCSI300指数は同1.9%高の

3320.10。

【インド株式市況】

インド株式相場は3日続伸し、指標のセンセックス30種株価指 数は1年4カ月ぶり高値を付けた。世界的な景気回復に伴う増益への 期待から、ソフトウエアサービス関連銘柄が買われた。

ソフトウエア輸出でインド最大のタタ・コンサルタンシー・サー ビシズは2年ぶり高値となった。ダム建設で国内最大手のジャイプラ カシュ・アソシエーツは約2週間ぶりの大幅高。ゴールドマン・サッ クス・グループが同銘柄の投資判断を「買い」に指定したことが材料 となった。アルミニウム相場の上昇を背景に、インドでアルミ生産最 大手のヒンダルコ・インダストリーズは1年2カ月ぶり高値を付けた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比34.07ポイン ト(0.2%)高の16771.11と、2008年5月22日以来の高値で引 けた。

タタ・コンサルタンシー(TCS IN)は2.2%高の582.95ルピ ー。ジャイプラカシュ(JPA IN)は3.5%上げ247.40ルピー、ヒ ンダルコ(HNDL IN)は4%高の136.40ルピーとなった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比64.5ポイント(1.4%)高の4714.9。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比12.14ポイント(0.7%)高の

1695.47。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比37.06ポイント(0.5%)高の7477.30。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比1.82ポイント(0.1%)安の2672.60。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比5.82ポイン ト(0.5%)高の1218.80。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比1.02ポイント(0.1%)安の709.23。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比17.63ポイント(0.7%)高の

2456.99。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比3.36ポイント(0.1%)高の

2771.97。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE