スイス中銀:政策金利を0.25%に据え置き-フラン高抑制を継続

スイス国立銀行(SNB、中央 銀行)は17日開いた金融政策決定会合で、政策金利とする3カ月物 ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の誘導目標を0.25%に据え 置くことを決めた。またデフレ懸念に対応して通貨スイス・フランの 上昇を引き続き抑制すると表明した。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト21人を対象にまとめ た調査でも、全員が据え置きを見込んでいた。

SNBはさらに、信用市場の逼迫(ひっぱく)度を緩和する必要 があれば、社債の購入を継続する方針も示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE