今日の国内市況:日経平均が3日続伸、債券は軟調続く-ドル全面安に

東京株式相場は上昇。国際商品市 況の上昇や米国の8月の鉱工業生産指数の堅調を受け世界景気の回復期 待が広がり、資源、素材関連株中心に高くなった。東証1部33業種の 上昇率は鉱業や非鉄金属、卸売など。生産の回復期待が広がった鉄鋼は 上昇率1位だった。

日経平均株価の終値は前日比173円3銭(1.7%)高の1万443円 80銭と3連騰。TOPIXは8.09ポイント(0.9%)高の939.52と反 発した。

金融株が重しとなり、午後に伸び悩む場面もあったが、株価指数は 終始プラス圏を維持した。きのうの米国や欧州株は軒並み年初来高値を 連日で更新、MSCI世界指数はほぼ1年ぶりの高値を付けた。また、 ドル・円相場がやや落ち着きを示したことも、過度な不安感の後退につ ながり、日経平均は4営業日ぶりに投資家の短中期的売買コストを示す 25日移動平均線を終値で回復。

世界2位の銅消費国の米国で景気回復の兆しが示され、ニューヨー ク銅先物相場は16日の取引で、直近3週間では最大の上昇率を記録し た。週間在庫統計で原油在庫が1月以来の低水準に減少し、ニューヨー ク原油相場も続伸。関連企業には市況上昇による業績期待が高まった。 一方、日本銀行は17 日の金融政策決定会合で、「新興国の回復などを 背景に輸出や生産も増加している」などとし、景気判断を引き上げた。

一方、金融株は株価指数の上値を抑えた。亀井静香金融・郵政問題 担当相は就任後初の会見で、返済猶予を柱とした中小企業・個人向け資 金繰り支援策の具体化作業に早急に着手する方針を強調。「弱肉強食の 市場原理・市場主義でがたがたになった日本経済を全力で立て直す」と 発言した。銀行やその他金融、証券・商品先物取引はそろって安い。

時価総額ウエートの大きい銀行などの下落で、TOPIXの上昇率 は日経平均を大幅に下回った。この結果、日経平均株価をTOPIXで 割って算出するNT倍率(日経平均株価÷TOPIX)は11.1倍と9年 ぶりの高水準。東証1部の売買高は概算で20億259万株、売買代金は 同1兆4414億円。業種別33指数の騰落状況は値上がり29、値下がり4。 騰落銘柄数は、値上がり1133、値下がり442。

個別では、中東発のプラント投資回復に期待するとして、野村証券 が格上げした横河電機が4日ぶり急反発。第1四半期(6-8月)業績 の好調で通期業績上振れ期待が高まったアスクル、業績予想の下方修正 は織り込み済みとされた良品計画もそろって急伸。ハードディスクドラ イブ(HDD)の需要拡大から日本電産は1年ぶりの高値。業績予想を 引き上げたTPRは、東証1部の値上がり率1位となった。

半面、利息返還請求の増加傾向から、日興シティグループ証券が 16日付で目標株価を引き下げたアイフルが急落。プロミスは上場来安 値を連日で更新し、同社筆頭株主の三井住友フィナンシャルグループも 東証1部の売買代金首位で5%超下げた。普通株式と新株予約権付社債 の発行登録を行うことを発表したケネディクスは4日続落し、「エコ ナ・クッキングオイル」などエコナ関連製品の一時販売自粛と出荷停止 を決めた花王が5日連続安。

債券は軟調、日銀決定予想通り

債券相場は軟調(利回りは上昇)。前日の米国市場で、景気回復期 待を背景に株高・債券安となった地合いを引き継ぎ、売りが先行した。 その後は下げ渋っていたが、午後の取引終盤に日経平均株価が上げ幅を 拡大させたことで再び売りが増えた。

東京先物市場の中心限月12月物は、前日比11銭安の138円69銭 で始まった後、徐々に下げ幅を縮小し、一時6銭高の138円86銭まで 値を戻した。午後に入ると水準を切り下げて、138円58銭まで下落し て、中心限月として8月18日以来の安値をつけた。結局、21銭安の 138円59銭で引けた。日中売買高は2兆577億円。

現物債市場で新発10年物の303回債利回りは、前日比1ベーシス ポイント(bp)高い1.33%で始まった後、徐々に水準を切り下げ、いった んは0.5bp低い1.315%をつけた。午後に入ると、再び水準を切り上げ ており、2bp高い1.34%と8日以来の高水準で推移している。

中期債相場も軟調。新発5年債利回りは3bp高い0.61%と、9日 以来の高い水準で取引されている。

米債安・株高と外部環境の悪化が朝方からの円債の売り材料となっ た。16日の米国債市場では2年債が続落。過去3週間で最大の下げと なった。米株価が上昇したほか、米連邦準備制度理事会(FRB)が発 表した鉱工業生産指数が予想を上回り、比較的安全とみなされる国債の 売りが膨らんだ。世界的な株高の流れを継承して、日経平均株価は3日 続伸し、前日比173円高で高値引けした。

日本銀行は17日に開いた金融政策決定会合で、政策金利を0.1%前 後に据え置くことを全員一致で決定したと発表した。情勢判断について は「景気は持ち直しに転じつつある」として、前月の「下げ止まってい る」から上方修正した。もっとも、政策金利据え置きや景気判断の上方 修正は市場の事前予想通りで、債券市場における反応は限られた。

ドル全面安

東京外国為替市場ではドルがほぼ全面安の展開となった。米景気の 底入れを示す経済指標を背景に投資家のリスク許容度改善が意識される 中、短期金利の低下傾向が続くドルから相対的に利回りの高い通貨に資 金が向かった。

ユーロ・ドル相場は一時1ユーロ=1.4767ドルと、昨年9月25日 以来のドル安値を更新。また、主要6通貨に対するインターコンチネン タル取引所(ICE)のドル・インデックスは一時76.01と、同9月 22日以来の水準まで低下している。

午後4時10分現在、円は主要16通貨に対して全面安。ユーロ・円 相場は午後の取引で一時1ユーロ=134円35銭と、5営業日ぶりの円 安値を付けた。ドル・円相場は午前に一時1ドル=91円22銭までドル 高・円安が進んだあと、午後は91円ちょうどを挟んでもみ合った。

3カ月物のドル建てロンドン銀行間取引金利(LIBOR)と円建 てLIBORの低下傾向が続くなか、他通貨と比較した調達コストの低 さを背景にドルと円に売り圧力がかかりやすくなっている。

前日に発表された8月の鉱工業生産指数が予想を上回る伸びになる など、米経済指標の強含みが目立った。米株市場では、景気の回復期待 を背景に株価が3営業日続伸。原油相場を中心に商品市況も再び上昇基 調を強めた。

この日の米国時間には、住宅関連などの指標が発表される。景気の 楽観論を補強する内容となれば、株価の上昇につながり、リスク選好的 なドル売りを後押しする可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE