山口日銀副総裁:春以降、前向きの動きが明確化-日本経済

日本銀行の山口広秀副総裁は17 日午後、都内で開かれた全国証券大会であいさつし、日本経済につい て「内外の在庫調整が進んだことなどから、自動車や電子部品を中心 に輸出や生産の回復傾向が明確化している」とした上で、「世界経済と 同様、本年春以降、前向きの動きが明確化している」との認識を示し た。

一方で、設備投資や個人消費などの国内民間需要については「厳 しい企業収益環境や雇用・所得環境が悪化する中で、弱い動きが続い ている」と述べた。ただ、世界経済が持ち直しに転じていく中で輸出 の増加が続くと見込まれるとし、「これに伴う企業収益の回復や各種景 気刺激策の効果などから、設備投資や個人消費も徐々に回復に向かう」 との見方を示した。

その上で、山口副総裁は「本年度後半以降、わが国経済は持ち直 していく」とする日銀の中心的な見通しをめぐる「不確実性は依然と して大きい」と指摘。リスク要因としては、国際的な金融情勢や企業 の中長期的な成長期待などの景気下振れリスクが高い状況が続いてい ることなどを挙げた。

また、物価の見通しに関しても「引き続き、大きな不確実性があ る」とした上で、「物価の下落圧力が相応の期間続く可能性が高く、企 業や家計の中長期的な物価上昇率の予想が下振れることがないかどう か、丹念に点検していきたい」と述べた。

日銀の政策運営については、昨年秋以降の金融・経済危機を踏ま えたコマーシャルペーパー(CP)・社債の買い入れなど各種の時限措 置の今後の取り扱いについて「企業金融や金融市場の状況をしっかり と点検した上で、その改善度合いに応じて適切に判断していきたい」 との考えを示した。その際には、「時限措置が市場機能の回復をかえっ て阻害していないか、という観点から点検していくことも大事なこと だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE