インドの9月5日終了週のWPI:前年同期比0.12%上昇

インド商工省が17日発表した9月5 日終了週の卸売物価指数(WPI)は前年同期比0.12%上昇と、14週間 ぶりにプラスの伸びとなった。世界経済が回復し、商品や製品の価格を 押し上げている。前週は0.12%の低下だった。ブルームバーグ・ニュー スがエコノミスト12人を対象にまとめた調査では、0.1%の低下(中央 値)が見込まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE