ベネズエラ大統領:油田開発に中国が約1.5兆円投資、3年間で

ベネズエラのチャベス大統領は 16日、同国での原油生産量の押し上げを目指し、中国がオノリコ川 流域での油田開発に今後3年間で160億ドル(約1兆4600億円) を投じることを明らかにした。米国への依存度を減らし、石油をめぐ る他国との関係を強化する戦略の一環。

国営テレビに出演したチャベス大統領は、ベネズエラの委員会が 中国側の当局者らと会合を開く予定だと述べた。油田の開発には国営 ベネズエラ石油(PDVSA)が参加する見通し。大統領は中国側の 参加企業の名前は挙げず、投資する油田区域の特定もしなかった。

ベネズエラは先週、ロシア企業5社のグループともオノリコ川流 域での油田開発の合弁事業に200億ドルを投資することで合意。チ ャベス大統領によれば、ロシアと中国の両プロジェクトを合わせた産 油量は日量90万バレルになる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE