米加州が格付け会社を調査へ、資産担保証券の評価めぐり-司法長官

米カリフォルニア州のブラウン司 法長官は16日、資産担保証券(ABS)に対し格付け会社が付与した 格付けと、今回のリセッション(景気後退)で格付け会社が果たした 役割について同州が調査を行う方針を明らかにした。

ブラウン司法長官は電子メールで配布した発表文で、格付け会社 はサブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンを担保とした証 券を含めたABSに最高格付けを与え、「米国債と同程度の安全性があ るように」見せかけたと指摘した。ブラウン長官は17日にサンフラン シスコで調査について発表する。

同長官は発表文で「格付けを通じて格付け会社は、こうした金融 商品を開発した米大手金融機関とともに暗躍した」とした上で、「その 業務で格付け会社が得た収入は数十億ドルに上る」と強調した。

調査対象となる格付け会社については明らかにしなかった。

同長官の報道官、スコット・ガーバー氏は17日の記者会見を控え、 コメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE