NY原油時間外:小動き、72ドル台-在庫が1月以来の低水準

ニューヨーク原油先物相場は17 日の時間外取引で小動き。米エネルギー省が前日発表した先週の原油 在庫は1月以来の低水準に減少した。

先週の原油在庫は473万バレル減となり、減少幅はブルームバ ーグ・ニュースによるアナリスト調査で予想されていた250万バレ ルを大きく超えた。ドルが約1年ぶりの安値に下落し、米株式相場が 上昇したことも原油相場を支援した。

サンダー・キャピタル(シアトル)の投資アドバイザー、マイ ク・サンダー氏は「原油価格が安定から上昇へ向かうことを示唆する 先行指標が多過ぎる。現時点で、原油を売る材料は多くない」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限はシ ンガポール時間午前10時10分(日本時間同11時10分)現在、5 セント安の72.46ドルで推移している。前日の通常取引は1.58ド ル(2.2%)高の72.51ドルで引けた。年初来の上昇率は62%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE