日本企業の09年度想定ドル・円レート-電機、鉄鋼など主要業種(表)

日本企業が想定する2009年度(09 年4月-10年3月)のドル・円の為替レートは、業種別に示すと以下 の通り。

日本銀行の企業短期経済観測調査(短観、6月調査)によると、 大企業・製造業の今年度のドル・円想定レートは、平均で1ドル=94 円85銭。また内閣府が4月22日に公表した企業行動に関するアンケ ート調査によれば、輸出企業の採算レートは1ドル=97円33銭だっ た。

ドル・円相場の今年度これまでの平均は1ドル=95円82銭だっ た。16日には90円13銭まで円が上昇し、2月12日以来の高値とな った。1月21日には87円13銭と、1995年7月10日以来の高値を 付けている。

(主要業種別の相場予想は、以下をクリックしてください)

電機

商社

鉄鋼・非鉄・機械

輸送用機器

医薬品

電力・石油

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE