アジア株:上昇、商品相場の値上がりで鉱業株が上昇けん引

17日午前のアジア株式相場 は上昇。世界経済が成長軌道に戻ったとの観測が広がる中、商品 相場の値上がりを好感して鉱業株が上昇をけん引している。

世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトンが

1.7%高。中国向けコークス用炭の出荷急増は「持続可能」との 見方を示したことが手掛かりとなった。三菱商事も高い。売上高 の34%を北米市場で稼ぎ出す日産自動車は、8月の米鉱工業生 産指数が市場予想を上回る伸びを示したことを受けて上げてい る。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午前10時18分現 在、前日比0.8%高の118.54と、昨年9月9日以来の高値に上 昇。各国政府の景気刺激策で世界経済がリセッション(景気後 退)から脱却しつつある中、同指数は3月9日に付けた約5年ぶ りの安値から68%値上がりしている。

日経平均株価の午前終値は前日比120円55銭(1.2%)高 の1万391円32銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE