ケンココム株ストップ高気配、マスクや消毒液の抗インフル需要増顕著

インターネットで健康食品などを 販売するケンコーコムの株価がストップ高(値幅制限いっぱいの上昇) 買い気配。新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の国内流行報道を 受け、高機能マスクや消毒液などの衛生医療商品の注文が急拡大してお り、16日付で業績予想を増額修正した。インフルエンザの流行次第で は一段の上方修正も期待でき、買いが集まった。

午前10時57分現在の買い気配値は、前日比1000円(13%)高の 8万4300円。312株の売り注文に対し1076株の買い注文が入り、し ばらく値が付きそうにない。

修正後の今期(2010年3月期)業績予想は、連結売上高が128億 円、営業利益が2億1000万円で、前回予想に比べ売上高で8億円 (6.7%)、営業利益で1億2000万円(2.3倍)の上振れとなる。

同社の管理本部の石川愉基氏によると、増額分のすべてはインフル エンザ対策関連商品の特需で、「月次売上高が損益分岐点を大きく超え、 利益も大きく伸びた」という。ドラッグストアなどリアルな店舗ではマ スクが一部で品薄となるケースもあったが、同社は「商品調達にあらゆ る努力を尽くした結果、顧客の注文を滞りなく受けることができた」と、 石川氏は話した。

エース証券の池野智彦シニアアナリストは、「マスクを手掛けるメ ーカーに聞いて回ったところ、マスクの利益率は結構高い。冬場にイン フル関連のニュースが出てくると、さらなる上振れが期待できる」と見 ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE