ボルカー元FRB議長:米経済、後退前の水準回復には長い時間必要

【記者:Peter J. Brennan、Christine Harper、Scott Lanman】

9月16日 (Bloomberg):ボルカー元米連邦準備制度理事会(F RB)議長は16日、米経済がリセッション(景気後退)以前の水準 を回復するには「長い時間がかかる」との認識を示した。同氏は現在、 オバマ政権の経済回復諮問会議議長を務めている。

ボルカー氏は米カリフォルニア州ビバリーヒルズで開催された金 融会議で、「数年規模の長い道のりとなり、途中、一時的な逆戻りが起 こるリスクもあるだろう」と語った。また、「景気回復の初期段階」の 兆候が複数見られるとしながらも、「平時に戻るのは時期尚早」と指摘 した。

この発言に先立ち、バーナンキFRB議長は15日、リセッショ ンは恐らく終わったとの認識を示した上で、「実感としては、しばらく の間、依然として非常に弱い景気が続くだろう」と語っていた。

FRB在職中に政策金利を最高20%としたことで知られるボル カー元議長(82)は「米国の経済資源が十分に利用され、ほぼ完全雇 用といった状態を取り戻すための道のりは長い」と指摘した。

講演の中でボルカー氏は、「大き過ぎてつぶせない」とされる銀行 の事業活動に対して制限を課すべきだとの考えをあらためて表明。「商 業銀行組織であるという理由だけで、そうした銀行による資本市場で のリスク志向の強い事業活動が、国民の税金である公的資金によって 間接的に支援されるのは筋が通らないと考える」と語った。

同氏は1月以降、破たんすれば米経済に多大な影響を与え得る「大 き過ぎてつぶせない」金融機関が特定のトレーディングや投資活動に 関与することを、規制当局は禁止すべきだと主張してきている。

講演後の質疑応答では、金融システムを監督する機関について、 複数の異なる機関のトップで構成される委員会よりも、FRBなど一 機関に集中させる方法を支持する考えを示した。オバマ政権はFRB の権限強化を提案しているが、一部の議会幹部は委員会形式を支持す る。ボルカー氏は「複数の規制当局を寄せ集めた委員会ではその機能 を十分に果たせないと思う」とし、「金融システムの監督に明確な責任 を持つ一つの機関が必要だと考える」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE