NY金:終値ベースで最高値、インフレ懸念で買い-1020.20ドル

ニューヨーク金先物相場は終値 ベースでの最高値を記録。世界的な景気回復がインフレを引き起こ すとの懸念が背景。

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が前日、米リ セッション(景気後退)は恐らく終了したと発言。ドルへの安全逃 避需要が減退し、ドルは主要6通貨バスケットに対し、約1年ぶり の安値に下げた。金相場は昨年3月に記録した過去最高値の

1033.90ドルに1.3%と迫った。

ヘレウス・プレシャス・メタルズ・マネジメントのセールス担 当バイスプレジデント、ミゲル・ペレスサンタラ氏(ニューヨーク 在勤)は、「ドルは全方向から売り圧力を受けている。商品はさら に騰勢を強めている。金買いはすべてテクニカルか投資需要に基づい ている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物12月限は前日比13.90ドル(1.4%)高の1オンス=1020.20ドル で取引を終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE