NY原油(16日):続伸、72ドル台で終了-在庫の大幅減少で

ニューヨーク原油相場は続伸。1 バレル=72ドルを上抜いた。エネルギー省が発表した週間在庫統計で 原油在庫が1月以来の低水準に減少したことが買いを誘った。

原油在庫は前週比473万バレル減の3億3280万バレル。ブルー ムバーグがアナリスト15人を対象にまとめた調査では250万バレル の減少が見込まれていた。輸入は2.1%減の日量平均890万バレルと なった。一方、ガソリンと留出油の在庫はともに増加した。

エネルギー顧問会社、オイル・アウトルックス・アンド・オピニ オンズのカール・ラリー社長は「原油在庫の大幅な減少は明らかに強 材料だ」と指摘。輸入減は「米国外の需要が予想よりも強いことを示 唆している可能性がある」との見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前日 比1.58ドル(2.23%)高の1バレル=72.51ドルで終了した。年初 からは63%高。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE