藤井財務相:為替市場は「自由経済の牙城」-介入に慎重姿勢

藤井裕久財務相は17日未明の同省 内での記者会見で、為替市場を「自由経済の牙城」と位置付け、「株が 落ちたからといって株式市場に公が介入するのは良くない。為替につ いても同じだ」と述べ、あらためて為替介入に慎重な姿勢を示した。

一方で、「本当に異常な時が想定すればあるかも知れない。それに ついては言及していないつもりだ。常識的な範囲ではあり得ない」と 述べ、経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)に反した為替相場 の乱高下には適切な措置を取る考えを明確にした。

また、民主党が「強い円政策」を推しているとの市場の見方に対 して、円が「輸出のために安ければ安い方が良いという考え方はおか しいが、ただ高ければ良いとも思っていない」と述べた。その上で、 「しかるべき水準があるが、それが幾らかということこそ責任者は言 ってはいけない」とし、適正水準については明言を避けた。

一方、藤井財務相は物価下落に伴う追加的な金融政策の必要性に ついて「あまり政府が介入すべきではない。日銀の在り方については 大事にしなければならない」と述べ、日銀の政策決定を尊重する考え を示した。

財務相は「少し経済が悪いから金を出せということは、あまり良 いことではない。日銀の良識に任せばよい」と強調。白川方明総裁の 手腕についても「よくやっておられる」と評価した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE