米財務省:FRB支援の借り入れプログラムを縮小へ-上限接近を警戒

米財務省は16日、米連邦準備 制度理事会(FRB)の危機対応の融資プログラムを支援するための 補完的資金調達プログラム(SFP)に基づく借り入れを削減する計 画を示した。政府債務の額が法で定められた上限に達するのを回避す るためという。

発表によると、財務省はSFPの借入残高を「向こう数週に」、 150億ドルに減らす。財務省は昨年、FRBの融資プログラム実行の 柔軟性を高めるため、同アカウントを設定。

オバマ政権は12兆1000億ドルの政府債務上限の引き上げを議会 に求めている。ガイトナー米財務長官は先月、早ければ10月半ばに債 務が上限に達するとの見通しを示していた。バーナンキ米FRB議長 は、FRBが財務省によるSFP継続に依存しない方針を表明してい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE