世界経済信頼感は58.54、最高を更新-9月ブルームバーグ調査

ブルームバーグが世界の端末ユ ーザー1800人超を対象にまとめた9月の調査(実施7-11日)に よると、世界経済への信頼感は調査開始以来の最高を更新した。リセ ッション(景気後退)終息の兆候や景気刺激引き揚げを急がないとの 当局者の発言が追い風になった。

9月のブルームバーグ・プロフェッショナル・グローバル信頼感 指数は58.54と前月の58.12から上昇した。同指数で50は楽観的 な見方と悲観的な見方の境目を示す。4―6月(第2四半期)に予想 外にプラス成長に戻った独仏の信頼感がともに上昇した。

三菱東京UFJ銀行のチーフ金融エコノミスト、クリス・ラプ キー氏(ニューヨーク在勤)は「信頼感の高まりと実際の成長が一致 するかどうかを見極める必要がある。回復はなお脆弱(ぜいじゃく) だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE