中国人民元:ほぼ変わらず-輸出低迷で人民銀が上昇抑制の公算

中国の外国為替取引で、人民元 はドルに対してほぼ変わらず。輸出低迷を受けて中国人民銀行(中央 銀行)が元上昇を抑えるとの観測がある。

人民銀は7日間にわたって元の中心レートを1ドル=6.828-

6.83元の範囲に維持している。11日に発表された8月の中国輸出 は前年同月比23.4%減。落ち込みはエコノミスト予想を上回りここ 3カ月で最大だった。

興業銀行のエコノミスト、魯政委氏(上海在勤)は「1年以内に 元が1ドル=6.80元を突破して上昇することは決してないだろう」 と予想。「輸出の継続的な減少は中国経済の回復に対する最大の障害 だ」と語った。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、上海時間 16日午後5時半(日本時間同6時半)現在、人民元の現物相場は1 ドル=6.8258元。前日は6.8289元だった。

--Judy Chen. Editors: Shanthy Nambiar, James Regan

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Akiyo Kinoshita 記事に関する記者への問い合わせ先: Judy Chen in Shanghai at +86-21-6104-7047 or Xchen45@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Sandy Hendry at +852-2977-6608 or shendry@bloomberg.net.

%CNY %USD %HKD

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE