香港株(終了):3日ぶり反発、米指標を好感-リー&ファンが高い

香港株式相場は3日ぶりに上昇。 小売売上高などの米指標が予想を上回ったことを受け、世界的な景気 回復への安心感を背景に反発した。

ウォルマートなど米小売業者に商品を納める香港の商社リー・ア ンド・ファン(利豊、494 HK)は3.1%高。時価総額で世界最大の不 動産開発会社、サンフンカイ・プロパティーズ(16 HK)は通期利益が アナリスト予想を上回り0.9%上昇した。英銀HSBCホールディン グス(5 HK)は3.1%高。クレディ・スイス・グループによる目標株 価上方修正に反応した。

MEAG香港で運用に携わるジョン・コー氏は「米小売売上高の データは米国の状況がそれほど悪くないことを示した」と述べた。

ハンセン指数は前日比536.55ポイント(2.6%)高の21402.92 で終了。前日までの2日間で1.4%下げていた。ハンセン中国企業株 (H株)は前日比3%高の12525.72。

リー・アンド・ファンは28.30香港ドル。サンフンカイは113.00 香港ドル。HSBCは87.40香港ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE