今日の国内市況:TOPIX続落、債券軟調、円上昇-鳩山内閣発足

東京株式相場は、TOPIXが4 日続落。自己資本規制による希薄化懸念の強さに加え、中小企業に融資 返済を3年程度猶予する政策が検討されていることから、収益環境悪化 への懸念で銀行株が売られた。利息返還請求の増加傾向などからその他 金融株も安い。

東証1部業種別33指数のTOPIXに対する下落寄与度1位は銀 行指数。同指数採用84銘柄中、77銘柄が安かった。その他金融株の下 落も目立ち、その他金融は東証1部の業種別下落率で1位となった。

TOPIXの終値は前日比1.09ポイント(0.1%)安の931.43。日 経平均株価は53円15銭(0.5%)高の1万270円77銭と続伸。東証1 部の売買高は概算で19億5251万株、売買代金は同1兆3816億円。値 上がり銘柄は506、値下がり銘柄は1045。

欧米、アジアなどの株価指数が昨日、年初来高値を相次いで更新。 世界的株高の流れに乗り、日本株相場は朝方から買いが先行した。しか し、金融株が午前半ばから下げ、午後に下げ幅を拡大させるとTOPI Xはマイナス圏に転じた。円高への根強い警戒や大型連休前でもあり、 海外株高に乗り切れない日本株の姿が浮き彫りとなった。

郵政問題・金融担当相にきょう就任した国民新党の亀井静香代表は 15日の記者会見で、景気悪化で困っている「中小企業の返済を3年程 度猶予するモラトリアムを実施すべく本格検討する。就任したら、早速 金融庁を含めて検討開始する」との方針を示した。

民主党のマニフェストには中小企業支援として使い勝手の良い特別 信用保証の復活が盛り込まれ、実現すれば貸金業者の必要性は低下する 見込み。日興シティグループ証券では、利息返還請求の増加傾向が続い ているとし、15日付でプロミスの目標株価を520円へ引き下げた。

民主党の鳩山代表はこの日開幕の特別国会で第93代首相に指名さ れた。きょう新内閣が発足する。主要な経済閣僚人事では、国家戦略局 担当相に菅直人氏、財務相に藤井裕久氏、金融・郵政問題担当相に亀井 静香氏、経済産業相に直嶋正行氏がそれぞれ就任した。

債券軟調-先物一時1カ月ぶり安値

債券相場は軟調(利回りは上昇)。前日の米国市場で、強い経済指 標を受けて株高・債券安となった流れを継続し、先物中心に売りが優勢 だった。鳩山由紀夫政権発足に向け、国内株価が午後に一時、上げ幅を 拡大させたことも相場を圧迫した。

東京先物市場の中心限月12月物は続落。前日比5銭安の138円92 銭で始まった後、若干下げ幅を縮小し、3銭安の138円94銭にやや戻 した。その後は徐々に売りが増えて、一時は34銭安の138円63銭まで 下落し、中心限月として8月19日以来の安値をつけた。結局、17銭安 の138円80銭で終了した。日中売買高は3兆736億円。

現物債市場で新発10年物の303回債利回りは、前日比0.5ベーシ スポイント(bp)高い1.32%で始まった後、いったんは横ばいの

1.315%をつけた。その後は、徐々に水準を切り上げ、1.5bp高い

1.33%まで上昇した。午後3時前からは1.32%で推移した。

円は上昇-新財務相発言でドル安

東京外国為替市場では午後の取引で円が上昇。鳩山新政権で財務相 に就任した民主党の藤井裕久氏が為替介入に消極的な発言をしたことが 伝わり、円買いの動きが強まった。

ロイター通信は16日午後3時過ぎに藤井氏の発言として、「為替 は緩やかな動きならば介入には反対」、「円が少し高くなったからとい って他の国が協調介入するとは考えられない」などと伝えた。

ドル・円相場は1ドル=91円ちょうどを挟んで一進一退の展開が 続いていたが、ロイター報道をきっかけに円買いが活発化すると、一時 90円23銭までドル安・円高が進行。ユーロ・円相場も1ユーロ=133 円台後半から一時132円62銭まで円買いが進んだ。

また、米景気の回復期待を背景に高金利通貨を選好する動きが続く なか、ドルは軟調地合いが継続。対ユーロでは7営業日連続で年初来安 値を更新し、一時1ユーロ=1.4708ドルをつけた。

ドルはオーストラリア・ドルとニュージーランド・ドルに対しても 昨年8月以来の安値を更新。前日発表された米小売売上高やニューヨー ク連銀製造業景況指数が予想を上回り、米景気の回復期待が強まる中、 投資リスクが取りやすく、ドルを売って資源国通貨などを買う動きが優 勢となった。

藤井氏は今月3日に行われたブルームバーグ・ニュースとのインタ ビューで、為替介入について、「16年前に蔵相をやったときもそうだ が為替介入はあまり乱用すべきではないと思っている。経済の実態に合 わせているのが為替レートであるというのが基本だ」と述べ、極力回避 すべきだとの認識を示した。

市場関係者の間では、藤井氏など新政権で為替と財政政策のかじ取 りを担う政治家からの発言などを受け、1ドル=90円台という現行の ドル・円相場を通貨当局が警戒する円高水準と見る向きは少ない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE