インフル対策、普通の手術用マスクは効果薄い-頑丈なN95が必要

通常の外科手術用マスクはイン フルエンザや呼吸器疾患の感染防止にあまり効果がないことを示す研 究結果を受けて、米政府はこのマスクの着用を勧めた医療従事者向け の推奨について再検討している。

昨冬に北京の24の病院で1936人の医療従事者を対象に実施さ れた調査で、手術用マスクはインフルエンザなどの呼吸器疾患の感染 を防げないことが分かった。一方、米国安全労働衛生研究所のN95 規格に適合した、より分厚く密着性の高いマスクを着用した場合は、 インフルエンザ感染が75%減ったという。

このマスクは米3M社の製品で、普通のマスクに比べ値段は5倍 から10倍だという。調査は5週間をかけて実施しニューサウスウェ ールズ大学(シドニー)の公衆衛生部責任者、ライナ・マッキンタイ ヤ氏が論文をまとめた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE