豪ヘッジファンドHFA、アジアと欧州の事業拡大へ-M&A探る

オーストラリアのヘッジファンド 運用会社、HFAホールディングス(運用資産62億豪ドル)は、アジ アと欧州で事業拡大を目指している。同社は過去1年間で運用資産の 3分の1を失った。

スペンサー・ヤング最高経営責任者(CEO)は15日、シドニー で行ったインタビューで、同社がアジア、欧州地域で配当を確保する ため、M&A(企業の合併・買収)や合弁事業などの機会を探ってい ることを明らかにした。

HFAは、1年前の米リーマン・ブラザーズ・ホールディングス 破たんに伴う世界市場での流動性低下を受けて、昨年12月に3つのフ ァンドからの資金引き出しを凍結。同社の2009年6月通期決算は、2 年前に買収した米部門の評価損が主に影響し、5億7320万豪ドルの赤 字となった。

ヤングCEOは「昨年9月から今年3月までは内向きだった」と しながらも、「この数カ月間は再び外に目を向けることを検討してい る」と語った。

同CEOはさらに、リーマン破たん以前は、事業を拡大する地域 として欧州が望ましい対象だったが、現在はアジアを選好していると 指摘。ただ、交渉中の特定の案件はないと付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE