ソニー:新型ウォークマン投入、歌詞表示付-アップルに対抗

携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」 を展開するソニーは16日、機能やデザイン性を強化した2シリーズ12 機種を来月から順次発売すると発表した。米コンピューター大手、アッ プルの「iPod(アイポッド)」との競争が激化しており、年末商戦 に向け巻き返しを狙う。

新たに投入するのは、動画も楽しめる上位モデル「Aシリーズ」と 普及モデル「Sシリーズ」の後継機種。両シリーズとも音楽に合わせて 歌詞が自動的に表示される機能や再生スピードを調整できる語学学習 機能を初めて搭載。若年層の獲得や買い替え需要の取り込みを目指す。

店頭想定価格は、記憶容量に応じてAシリーズが2万4000円前後 から4万円前後。Sシリーズは1万4000円前後から2万5000円前後。 10月10日から販売を順次始める。

Aシリーズでは画面サイズを従来の2.4型から2.8型に拡大し、ワ イド有機ELディスプレーを採用。本体の厚さもウォークマン史上最も 薄い約7.2ミリメートルとし、持ち運びやすくした。

ハワード・ストリンガー最高経営責任者は都内での発表会見で「ホ ームグラウンドの日本で勝つことが世界での成功につながる」と述べ、 「年末商戦に向けて新たな技術を搭載した魅力的な商品を投入してい く」と意気込みを語った。

iPodとし烈なシェア争い

国内ではソニーとアップルがし烈なシェア争いを繰り広げている。 調査会社BCNによると、8月最終週(24-30日)のシェアはソニー

43.0%に対し、アップルが42.1%。ウォークマンが4年8カ月ぶりに iPodを抜き、ソニーが僅差で首位を奪還した。

翌週(8月31日-9月6日)は、ソニーが47.4%、アップルが37.1% とその差は10.3ポイントに拡大。8月以降、ウォークマンの平均単価 が下がるにつれてウォークマンのシェアが拡大したと分析している。

だが、9月第1週(7-13日)はアップルが58.0%と、ソニーの

32.1%を大きく上回り、アップルが3週間ぶりに首位に返り咲いた。ア ップルは今月10日、ビデオカメラを搭載した「iPod nano(ナ ノ)」の新機種を発売しており、新製品効果が大きいとみられている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE