ステラ株午後急騰で3年ぶり高値、高純度薬品伸び一転通期営業黒字に

ステラケミファ株が午後の取引で 急騰、一時前日比8.5%高の4970円と2006年8月以来、約3年ぶり の高値水準を回復した。高純度薬品が想定以上に伸びていることを理由 に、同社はこの日の午後2時に2010年3月期の業績予想を上方修正し た。本業のもうけを示す連結営業損益が従来計画の赤字から一転、黒字 に浮上する見通しとなり、好調な足元の業況を評価する買いが膨らんだ。

新しい連結営業損益予想は13億9100万円の黒字、従来計画は5 億7100万円の赤字だった。在庫調整が順調に進む中、高純度薬品事業 の売上高が計画を上回ったため。業績増額を踏まえ。1株当たりの中間 配当を当初計画のゼロから15円にすることを決めた。

ステラ株は、業績予想の修正発表直前は同2.6%高の4700円前後 で推移していた。同社はリチウムイオン電池材料を手掛けており、5月 以降、人気化している経緯がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE