中国人民元への資金流入は増加の見通し-米ウィズダムツリー(訂正)

米投資会社ウィズダムツリー・イ ンベストメンツによれば、中国は人民元が国際通貨としてより受け入 れられやすくするために元高を容認するとの観測から、投資家はさら に多くの資金を元に投じている。

同社のブルース・ラビーン社長はインタビューで、中国や新興市 場の成長率見通しが先進国を上回ることを考えれば、過去最大の米債 務をめぐる懸念に関連したドル安で、こうした国・地域に一段の資金 が流れるだろうと予想した。

同社長によれば、2008年5月に立ち上げた主に元先物(ノン・デ リバラブル・フォワード=NDF)に投資している1億4200万ドル規 模の中国人民元ETF(上場投資信託)にこの3カ月間で約2500万ド ルの資金が流入したという。

ラビーン社長は「5年後には元の国際化という点で完全に異なっ た状況が見られるだろう」と指摘した。

中国人民銀行は輸出支援を目指し、この1年余り元の水準をほぼ 横ばいで維持してきた。8月の輸出は10カ月連続で減少した。温家宝 首相は10日、同国は景気減速に「歯止め」をかけていると語り、現在 は内需が経済においてより大きな役割を演じていると説明した。政府 は8日、香港で政府債60億元を起債する計画を発表。元建ての政府債 を香港で発行するのは初めてで、元の「国際的地位」を高める狙いだ。

ブルームバーグのデータによれば、1年物の元先物は上海時間15 日午後1時55分(日本時間同2時55分)現在、1ドル=6.7390元。 これは、元の対ドル相場が1年後に1.3%上昇するとのトレーダーの 予想を示唆する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE