米リーマン:英バークレイズの取得事業は50億ドル「割安」

経営破たんした米リーマン・ブラ ザーズ・ホールディングスは15日、英バークレイズはリーマン破たん 後の数日間で同社の北米証券事業と一部不動産を購入した際に、50億 ドル(現在のレートで約4500億円)割安な価格で取得したと指摘し、 契約の修正を求める考えを示した。

リーマンの弁護団は、ニューヨーク・マンハッタン連邦破産裁判 所に提出した書面で、契約の重要部分が同裁判所に報告されず、売却 時にも示されていなかったと説明。契約はバークレイズが直ちに多額 の思わぬ利益を得られる仕組みになっていたと主張した。

リーマンによると、バークレイズが引き継いだ証拠金などを含め ると、節約できた費用は82億ドル超に上った可能性があるという。リ ーマンはジェームズ・ペック破産裁判事に対し、契約修正のほか、バ ークレイズに資産返還を義務付けることなどを求めている。

バークレイズの広報担当マイケル・オルーニー氏は、リーマンの 主張は「御都合主義的なものだ」と指摘。「景気が安定し始めた今、リ ーマンは根拠のない主張に基づいて契約をやり直そうとしている」と 述べた。

バークレイズは、リーマン破たんから7日後の昨年9月22日、破 産裁の管理下にあった同社資産を15億4000万ドルで購入する契約を 完了した。米証券取引委員会(SEC)とニューヨーク連銀は世界の 証券市場の動揺を収めるため、バークレイズへの迅速な資産売却を支 持していた。

-- Editors: John Pickering, Mary Romano

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Christopher Scinta in New York at +1-212-732-9245 or cscinta@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Rovella at +1-212-617-1092 or drovella@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE