宝飾品のファベルジェ:6億円のブローチをネット販売-富裕層狙う

ロシア皇帝のために宝石をちり ばめた特大の卵形装飾品(イースターエッグ)を制作したことで知ら れるファベルジェは、リセッション(景気後退)期に700万ドル (約6億4000万円)の同社製ブローチを販売して利益を上げる最も 手っ取り早い方法として、富裕層を対象にしたインターネット販売に 乗り出した。

ファベルジェのルーツは19世紀ロシアのサンクトペテルブルク にさかのぼる。同社はインターネットを利用した注文受け付けを9日 に開始、これに伴い店舗販売はジュネーブで1店舗のみとする方針だ。 コンピューターサービス大手、米IBMが開発したウェブサイトを利 用したデモンストレーションでは、顧客は自分のスクリーンでファベ ルジェ製の指輪を宝飾業者がルーペで観察するかのように拡大してみ ることが可能で、販売担当者とビデオチャットすることもできる。

ファベルジェはオーストラリアのBHPビリトンの元最高経営 責任者(CEO)ブライアン・ギルバートソン氏(66)の支援を受 けている。ファベルジェは顧客がウェブサイトを利用した後、宝飾品 をスタッフが顧客の自宅に持参する方式で主に販売する予定だ。米リ ーマン・ブラザーズ・ホールディングス破たん後、高級品の販売不振 が続くなかで、カルティエなどの競合企業は小売りネットワークを拡 大しているが、ファベルジェはこうした販売手法を控え、宣伝や負債 も避けている。

ファベルジェのマーク・ダンヒルCEOはインタビューで、販 売キャンペーンや店舗、在庫は「リスクを高める」と指摘。「これら のやり方では利益を生み出す時間が長くなる。当社はウェブサイトへ のアクセス数を増やしたり、大量の商品を販売したりするため手当た り次第に何かをやらなければならないというほどの状況ではない」と 語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE