バフェット氏:リーマン破たん直前に資産保証依頼の打診受けた

米資産家ウォーレン・バフェッ ト氏は15日、1年前の米投資銀行リーマン・ブラザーズ・ホールデ ィングス経営破たん直前に同社の資産保証を求める打診を受けていた ことを明らかにした。バフェット氏は財務書類の送付を要請したが、 受け取れなかったという。

バフェット氏が15日に米カリフォルニア州カールスバッドで開 かれた会合で述べたところによると、英銀バークレイズがリーマン買 収を検討している際にリーマン支援を要請されたが、ファクシミリで 送付を求めた情報は受け取れなかった。後になってボイスメールが残 されていたことを知ったが、再生の方法を知らなかったため、聞き逃 したという。

バフェット氏は米誌フォーチュン主催の同会合で、昨年経営難 に陥った複数の企業が同氏率いる保険・投資会社バークシャー・ハサ ウェイに金融支援を要請してきたものの不首尾に終わったことに言及。 リーマン破たんの翌日に米政府の支援を受けた保険会社アメリカン・ インターナショナル・グループ(AIG)からも救命要請があったと 話した。バフェット氏はAIGの財務を精査した後、当時の最高経営 責任者(CEO)だったロバート・ウィラムスタッド氏に「わたしの ところで時間を無駄にするな」と告げたという。

バークレイズの広報担当のブランドン・アシュクラフト氏とA IG広報のクリスティーナ・プレット氏はコメントを控えている。

バフェット氏は15日、バークシャーが現在株式を購入している ことも明らかにした。同氏は清涼飲料メーカーのコカ・コーラや食品 のクラフト・フーズなど、競争上優位で人気ブランドとしての耐久力 があるとみる企業への投資を通じて480億ドルを超える株式ポート フォリオを構築している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE