米モルガンSのローチ氏:米経済「活力ない」、逆戻りしやすい状況

モルガン・スタンレー・ア ジア会長でエコノミストのスティーブン・ローチ氏は15日、米 経済の回復は「活力がなく」、勢いを欠いているため、逆戻りし やすくなるだろうと述べた。

ローチ氏は15日のブルームバーグテレビジョンとのインタビ ビューで、「米経済の成長スピードは失速したと言われるペース に極めて近 い」と指摘。「予想外の事態が起きた場合の緩衝材 が欠如している。こうした衝撃の際に、緩衝材がなければ傷つき やく、逆戻りしかねない。景気が逆行した後に回復しても、活力 に乏しいだろう。今はV字型の景気回復に向かう環境ではない」 との認識を示した。

米国では2007年12月に始まった今回のリセッション(景 気後退)のあおりで約690万人の雇用が失われた。ブルームバ ーグ調査によれば、7-9月(第3四半期)の米経済成長率は年 率換算でプラス2.9%と、4-6月(第2四半期)のマイナス1 %から好転する見込み。

ローチ氏はまた、オバマ米大統領が今月11日、中国からの 輸入タイヤに関税を適用する決定を下したことについて、米経済 にさらなる問題を招く恐れがあると指摘。オバマ大統領が前日の インタビューで過剰なリスクテークや高額ボーナスなどでウォー ル街文化の改革の必要性を訴えたことについてもローチ氏は異論 を唱えた。

同氏は、「大統領には失礼ながら、わたしが30年働いて知 ったウォール街の文化を本当に表現したものとは言えないと思 う。この10年で明らかになったウォール街の問題があるのは確 かであり、われわれもその責任を受け入れるべきであるが、米政 府も同様に金融システムの監督を怠ったという面で大きく関係し た」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE